手汗を抑えるクリームのおすすめ商品

ファリネの購入はお値打ちな公式サイト

37%OFFの集中ケアコース(90日間返金保証付き) ファリネ

手汗とアルコールも関係あり

アルコールと手汗の関係は、確かにあり、否定はできません。アルコールを摂取した後、手汗をかいていたという経験がある人は少なくないでしょう。実は、アルコールと手汗には深い関係があり、アルコールが原因で手汗をかくようになった人は沢山います。アルコールを摂取すると、体温が上がったような感じになって、体がぽかぽかとして気もちよくなります。それは、アルコールが体内の血管を広げているからです。体内の血管が広がると、運動後の状態になって汗が出やすくなるので、アルコールで手汗をかくというのは、理にかなっています。手汗をかく要因で代表的なのが、緊張状態から引き起こされるものですが、もう一つは体温の上昇によるものです。アルコールを摂取すると、血管が拡張してしまうので、逃げようとする熱が身体の表面まで伝わって、暑さを感じるようにより、結果的に手汗をかいてしまうのです。アルコールを摂ると、手汗を引き起こしてしまうメカニズムが明確にあるので、手汗の原因に、アルコールが挙げられるのです。小量のアルコールは、ストレス発散効果もあるので悪くありません。しかし、お酒を飲み過ぎると、一気に血中アルコール濃度が高くなり、手汗がたくさん出てしまう原因になるので、注意しないといけません。

食事の見直しも必要です

食事と手汗というと、関係がないように思いますが、気温などと関係なく部分的に沢山汗をかく手汗は、実は食事と大きな関係があります。食事は、いろんな面で手汗に影響を及ぼします。肥満によって、手汗がふえることでもそれはよくわかります。直接的に食事が汗を出しているわけではありませんが、食事内容が偏ることで肥満になり、それが原因で手汗が増えることはよくあります。局所多汗症である手汗は、食事によってより症状を悪化させることになります。逆にいえば、食事によって辛い症状を軽減することは可能です。まず手汗の人が控えないといけないのが、発汗性のある食べ物です。特に手汗の人は、カレーやチゲ鍋、タイ料理などは避けるべきです。熱いものや辛いもの以外にも汗をかきやすい食品があります。それは脂肪分の多い食べ物で、たとえば、チーズやバターのような乳製品、脂肪分の多い肉類、揚げものなどです。チョコレートやカフェインが含まれた興奮作用のある食べ物や飲み物も、発汗を促す作用があるので注意しないといけません。極端に甘いものや酸っぱいもの、しょっぱい食べ物も避けた方が無難です。