手汗を抑えるクリームのおすすめ商品

ファリネの購入はお値打ちな公式サイト

37%OFFの集中ケアコース(90日間返金保証付き) ファリネ

ストレスは手汗の原因の一つ

ストレスと手汗の関係は非常に大きく、ストレスは手汗の大きな原因の1つです。手のひらの多汗症の原因で、大部分を占めるのが、緊張からくるストレスです。どんな人でも緊張感を持ち続け、精神的に悪い感情を持ち続けるとストレスが溜まります。手掌多汗症の人は、普通の人以上に、精神的にストレスを抱えていることが多いです。ストレスで手汗をかくと、それが余計に気になってしまい、さらに汗をかくという負のスパイラルに陥ります。手汗をかいてもそれほど気にしなければいいのですが、なかなかそうはいかず、その悩みがストレスになり、さらに悪循環になるのです。手汗は自律神経失調症とも関係していて、精神的な負担が一番の要因になっています。自律神経失調症を解消するには、最初の段階として、ヨガなどでストレスを軽減することが大事になってきます。精神的ストレスが軽減されると自律神経は改善するので、それで自然と手汗が治るというケースも少なくありません。一時的な緊張で手汗をかくことは誰にでもありますが、手汗をかいている自分に必要以上に嫌悪感や不安感を抱くと、それが過度なストレスになり、手汗が酷くなります。

緊張した時の手汗

緊張と手汗の関係は、非常に強いものがありますが、主として2種類の発汗作用から起こります。まず、温熱性発汗があります。人は病気をしたり、スポーツをすると体温が上昇します。体温の上昇を和らげ、元の状態に戻すためには、汗を出す必要があり、これにより、人は熱を発散しています。 人前で緊張すると、体が火照ることがよくありますが、体を冷やすためには汗をかく必要があります。緊張すると手汗をかくのは、こうした体のメカニズムがあるからです。緊張と手汗の関係は、精神性発汗によるところが大きいと言われています。人はいろんなシーンで、緊張したれ、興奮したりします。精神的なプレッシャーを感じると汗をかきます。精神性発汗は、人間本来の機能で、緊張した時に汗をかくというのは、ごく自然の摂理です。緊張すると手汗が酷くなる人は、手のひらにかく汗の量が多すぎると自覚しすぎる傾向にあります。前はそれほどでもなかったのに、最近特に汗をかく機会や量が多いと感じるようになり、それが高じて多汗症へと発展するのです。手汗は、体質や遺伝によるものではなく、人の性格や心の状態が深く関わっています。