手汗を抑えるクリームのおすすめ商品

ファリネの購入はお値打ちな公式サイト

37%OFFの集中ケアコース(90日間返金保証付き) ファリネ

病気で手汗がひどい時の状態

病気と手汗の関係は、どのようなものかというと、一般的に、手や足の裏に大量の汗をかくと、手掌足蹠多汗症という病気と診断されます。多汗症は緊張した時やびっくりした時にかく精神性発汗による汗の異常ですが、単なる異常ではなく、それが高じると病気と判定されます。なぜなら、緊張しやすいタイプで神経質だから汗をかくというものとは、全く次元が違うからです。多汗症で手汗をかく人は、自宅でリラックスしていても手のひらから汗をかきます。交感神経が敏感すぎて、交感神経が活発になりすぎて、手汗をかいてしまうのです。多汗症は、精神的な要因による病気だけではなく、更年期障害、甲状腺機能亢進症、褐色細胞腫などの病気とも関わっています。甲状腺の働きが活発になりすぎると、甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、亢進症になります。亢進症になると、安静にしていても全身多汗症になることがあります。甲状腺機能亢進症の代表的な病気にバセドウ病があり、プランマー病や甲状腺刺激ホルモン産生腫瘍などの病気で、手汗が酷くなることがあります。褐色細胞腫という病気も、手汗と関係しています。

ホルモンバランスの異常

手汗というのは、単に精神的緊張から来るものだけではなく、ホルモンバランス異常とも関係しています。手汗の原因でよく挙げられるのが、ストレス、緊張、不安、姿勢、疾患、運動不足、肥満などですが、ホルモンバランス異常もその原因の一つです。多汗症以外で手汗がひどく出る原因に、甲状腺の障害や糖尿病、更年期障害などが考えられ、ホルモンバランスが乱れると、手汗がひどくなることがあります。手汗と更年期は関係していて、閉経前後の女性に多いのが更年期障害です。ホルモンバランスの異常が関与していて、色んな症状が出ます。手汗もそのうちの1つで、ホットフラッシュという現象が現れます。急に かっとなって熱くなり、汗がどっと出る体質になります。急に手汗の量が増えた人は、ホルモンバランスの異常が懸念されます。更年期になると発汗が増えるのは、発汗を抑える作用のある女性ホルモンが減少するからです。汗をかきやすくなり、特に頭部や上半身などに局所的にドッと汗をかきます。ホットフラッシュ現象は、ホルモンバランスの異常による減少と共に、自律神経のバランスの乱れで起こります。